itoku2

1.【はじめに】ワイマックスの特徴を知っておこう!

 

Q: WiMAXってなに?

 

A: ワイマックスは日本においてはKDDIグループのUQコミュニケーションズがサービスの提供を行っています。

 

一言で説明するとWiMAXは無線のインターネット。

持ち運びに最適な小型の回線端末と言えます。

 

コストを抑える為に家でも利用している人も存在します。

 

携帯電話の3G、LTEと比べられることが多いですがWiMAXは直接通話は出来ません。

(※LINE、スカイプ等のインターネット通話は可能です。)

なので完全にインターネット特化のサービスと言えます。

 

そんなWiMAXのメリットは最新版のWiMAX2+(ワイマックスツープラス)下りの最高速度は440Mbpsでフレッツ光のネクストハイスピードとほぼ同じレベルです。

無線だから固定回線と比較すると安定感に不安はありますが、それでもこの通信速度は魅力です。

 

Q: メリットはなに?

 

A: WiMAXのメリットは第一に持ち運び可能で外でもインターネットができること。

他には、工事不要で簡単なこと、通信制限が殆ど気にならないこと、月額料金が比較的安価、新規でのキャッシュバックキャンペーンが非常に魅力的な事などが挙げられます。

 

Q: デメリットはあるの?

 

A: それでは、WiMAXのデメリットについて挙げていきましょう。

まずは壁などの障害物に弱い点、もう一つは3日間で10GBの速度制限がある点です。

 

あと専用ルーターが必要となります。

その他にも日本の一般顧客向けサービスがスタートしたのが2009年なので歴史が短い事もデメリットと言えるでしょう。

 

Q: 注意することはある?

 

A: 契約する際の注意点としてはキャンペーンを実施しているのはWiMAXのプロバイダ、代理店、販売店でそのキャンペーン内容が異なります。

なので、キャンペーン内容をしっかり確認してください。

 

その他にも支払いは基本的にカード決済となります。

クレジットカードの所有が前提条件となることを覚えておいてください。

 

2.【最安値で契約したい】一番得するWiMAXプロバイダはどこ?

 

WiMAXを使うためには、プロバイダと契約をしなければなりません。

そしてプロバイダは、それぞれ独自の料金、サービスを提供しています。

 

ここでは、「通信量無制限プラン」「キャッシュバックキャンペーン」の比較をしてみたいと思います。

naze1

○通信量無制限プランの料金が安いプロバイダは?

 

1. GMOとくとくBB

 

GMOとくとくBBギガ放題プラン(2年)加入で契約月を含む2ヶ月間は、月々の支払いが2,590円です。

そして残りの22ヶ月間が3,344円になります。

 

➡ GMOとくとくBB公式ページ

 

2. BIGLOBE(ビッグローブ)

 

キャッシュバックキャンペーンでGポイント最大24000ポイントを選んだ場合、Flat ツープラス ギガ放題プラン(3年)加入で契約月を含む2ヶ月間は、月々の支払いが2,595円です。

そして22ヶ月間が3,880円、残りの12ヶ月間が4,380円になります。

 

➡ ビッグローブ公式ページ

 

naze2

○キャッシュバックの金額が高いプロバイダは?

 

1. GMOとくとくBB

 

最大32,000円のキャッシュバックを受けることができます。

 

2. DTI(ディーティーアイ)

 

最大29,000円のキャッシュバックを受けることができます。

 

➡ ディーティーアイ公式ページ

 

○まとめ

 

通信量無制限プランの月額料金、キャッシュバックキャンペーンの両方ともGMOとくとくBBが1番得することが分かります。

 

データ量無制限でインターネットを格安で使いたいならGMOとくとくBBが良いでしょう。

 

toku2

 

① 月額料金最安(月2,590円)

② キャッシュバック最多(32,000円)

③ 端末代金無料(20,000円お得)

 

3.【ユーザーの声】WiMAXを使ってわかったメリットとデメリット

wakata2

z.gさん 50代後半男性 (大阪府在住)

 

我が家で、UQ WiMAXの利用を始めてから3年位経過しています。

ワイマックス回線を利用するにはルーターを持ち歩く必要がありますが、いわゆる2年縛りがあるので今のルーターは2台目のルーターになっています。

 

WiMAXを使い続けてもっともメリットと感じるのはコスト削減効果が高いことです。

 

これはWiMAXでどのくらいのインターネット端末を利用するかによって大きな違いが出てくるのですが、私の場合な自宅のパソコン、外出時に使うモバイルパソコン、タブレットパソコン、スマートフォンのネット接続の4つの端末で利用していますから、別々に契約事を考えるとかなりコストパフォーマンスは高いといえます。

 

それに、自宅で使うときには家族の分のスマートフォンのWi-Fi接続にも使っています。

 

これだけ利用して月額利用料は3,500円程度ですから通信費節約効果はかなりのものです。

 

もちろん、デメリットも少なくありません。

まずはネット接続スピードが光ファイバーに比べるとかなり見劣りします。

 

たくさん動画の見たいという人にとっては適さないかもしれません。

それに以前と比べるとかなり少なくなりましたが、地下などではインターネット接続ができない場所があります。

 

それに3日間でたくさん利用すると速度制限がかかることもありますが、私の使い方では速度制限がかかることはまずありません。

 

WiMAXを検討している人はデメリットとコスト削減効果をどうみるかにかかっているのではないでしょうか。

 

4.【ユーザーの声】私はニフティのWiMAXを使用しています

h.nさん 40代前半男性 (東京都在住)

 

 

私は使用しているプロバイダがニフティですので、昨年、ニフティのWiMAXに切り替えました。

インターネットを使用するには、これで十分です。

 

噂では通信速度が遅いとか、セキュリティが貧弱ということがネット上で流れていましたが、そのようなことは事実ではありません。

 

私はインターネット銀行やインターネット証券、それからネット上のFX会社を利用していますが、これまで一度もIDやパスワードを盗まれたことはありませんし、不正アクセスされたこともありません。

 

また、たまにユーチューブを利用して動画を視聴したり、将棋専用サイトの会員になって将棋の対局を観戦しますが、なんのストレスを感じることもなく観ることができます。

 

ニフティのWiMAXに変更して良かったと思う点は、費用面です。

 

ニフティのWiMAXを使用するまでは、NTT東日本の光回線を利用していましたから、NTT東日本へ支払う月額料金が5000円となっていました。

 

私の場合はauの携帯端末を使用していたため割引料金が適用されることになり、ニフティのWiMAXに切り替えた初めての月は無料となり、2ヶ月目からの利用料金が約3,400円となったのです。

 

NTT東日本へ支払っていた5000円が、約3400円へ減額となったのですから、メリットは大きいです。

 

1年間で計算すれば約2万円の節約となります。

 

インターネットの利用回線としては、光回線もWiMAXも大差がなくなってきているというのが私が利用してみたうえでの実感です。

そして、なおかつ利用料金が安くなるのですから、ぜひ多くの方に利用をお勧めしたいと思います。

 

5.【本家で契約したい】ワイマックス3つの魅力

uq2

 

① コスト削減(年間2万円の節約)

② 持ち運び可能(出先でネット接続)

③ 工事不要で簡単(一人暮らしに最適)