最初にインターネット接続の要点をまとめると

 

・ルーターやケーブルが必要

・光回線は高いが速い

・ADSLは工事が無くてすぐにインターネットが使える

 

という3点が重要ポイントになります。

 

一般電話を使っていれば、その電話回線を使っている電話会社があるはずです。
その会社へ、インターネットを始める為に、「光回線」や「ADSL」を選んで契約が出来ます。

 

今から契約する人のほとんどは、通信速度の早い「光回線」を契約する人が多いです。
でも、少し月額の契約料が、ADSLよりも高めになっています。

ADSLよりも倍近く料金が高くなります。

 

でも、かなり速度が速く、ページを開くのに一瞬にしてサイトが見れるという利点があります。

ADSLでも、時間帯によっては早く快適に見れますが、混んでいる時間ですとページが開かないというマイナス面があります。

 

早く確実にサイトを見るならば、やはり「光回線」がお勧めです。

日にあまりネットを見る時間が少ないという人には、ADSLでも良いと思います。

光回線ならば、動画も快適に見れますし、無線も快適です。

 

インターネットを接続する時には、「LANケーブル」が必要です。

このケーブルは、ルーターに大抵付属しています。

長さも1メートルほどの物が付いています。

長くても短くてもさほど通信速度は変りませんが、出来れば短い方が部屋がスッキリします。

自分が見る場所までの長さを決めて買うと良いです。

 

今では、新しいパソコンならば無線の機能が付いています。

それがあれば、ケーブルが必要なく、移動に凄く便利です。

 

ルーター」も必要で、そのルーターは電話会社からレンタルで月に300円ほどで借りれます。

買う方法もあって、オークションで安く買う方法も便利です。

家電製品売り場でも売られています。

お店でのルーターの価格は、光通信ですと7000円ほどで売られています。

オークションだと安く、3000円ほどで買えます。

ADSLのルーターは、かなり安くなっていて、オークションでは1000円前後で売っています。

私も、1000円ほどで購入しました。

新しいルーターが、かなり安い価格で売られています。

 

光回線にすると、無線のルーターが無料で付いてきます。

簡単にインストール出来ます。

ADSLの場合には、工事などは必要ではないので、その分安くすぐにネットが使えるというメリットがあります。