インターネット接続の契約は、基本的には「電話回線」と「プロバイダ」の2件の契約が必要になります。
地域ケーブルテレビ局が提供するインターネット接続サービスを契約する場合には、電話回線が不要になる為、プロバイダ(この場合はケーブルテレビ局)との契約のみでOKです。
インターネット用の電話回線、プロバイダの選定は、どちらも「インターネット利用時の回線速度」と「料金」をキーとして選びます。

 

回線種類には、「ISDN」、「ADSL」、「」 と、大別すると3種類あり、後者になるほどインターネット利用は高速になります。
しかし高速であるほうが料金が高いというものでもなく、また居住地域によっては光回線は利用できなかったりする事もあるので、NTTやKDDIなど、電話回線提供業者に確認すると良いです。
どの回線種別にしても概ね、インターネット用の「利用時間によらず月額固定料金」というプランが用意されています。

 

FLET’S」などのサービスです。

 

 

 

 

 

フレッツ(FLET’S)光の感想・評判

 

 

 

この契約で概ね月額4,000円程度です。

 

また、プロバイダについても地域によって選択できる業者に制限がある場合もありますが、概ねどのプロバイダを選択してもインターネット接続については大差ありません。(よほど特殊なインターネットの使い方をするのでなければ。)
OCN」や「ぷらら」などはNTTが運営するプロバイダなので、電話回線がNTTであればこれらのNTT運営によるプロバイダを選択するのも良いと思います。

 

 

 

 

 

OCN公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

ぷらら公式サイト

 

 

 

もっと安価なプロバイダもあるので、料金に納得いかなければ安いプロバイダを探しても良いでしょう。
私の場合は、地域ケーブルテレビ局にてインターネット接続の契約をしており、月額は5,000円程です。
電話回線とプロバイダの契約をしたとしても恐らくは同じ程度の料金になると思います。
安いところを選定して3,800円程度に済ませているなどの例も見かけますので、なるべく安いほうが良いという事なら色々探してみても良いと思います。

 

プロバイダと契約すると、概ねメールアドレスが1つ付与されます。
インターネット接続環境が整ったら、ご自身のパソコン上でこのメールアドレスが利用できるよう設定を行う必要があります。
設定方法はプロバイダによって異なりますので、プロバイダからの案内文書等を見ながら設定します。
もしうまくいかない場合には、電話等でプロバイダに問い合わせることになりますので、
自信がない場合はサポート対応に定評のあるプロバイダを選ぶと良いと思います。