自宅でパソコンのインターネットが始めてという事ですが、まずインターネットに接続する前にやることがあります。

それは、「ウィルス対策」をすることです。

 

これは、ご自身のパソコンをウィルスから守るよりも他人にウィルスを拡散させないという大きな目的があります。
有名な「ウィルスバスター」や、「ノートン」であれば、どれでも構わないです。

 

 

 

 

 

 

 

ウィルスバスター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノートン

 

 

 

ただし、これらは商品なのでお金を払う必要がありますし、買ったらそれで終わりではなく使用料を払い続けなくてはなりません。
これは、年単位だったりするので、これもまた別の契約と考えても良いでしょう。

 

さて、ウィルス対策が済んだらいよいよインターネットです。
インターネットに接続するためには「プロバイダ」と呼ばれる業者と契約が必要になります。
プロバイダは各社によって同じ契約内容でも速度が違ったりします。
しかしながら、そこまで調べて契約するとなると検索したりある程度知識が必要なので、家電量販店などでPRしているプロバイダもしくは、料金比較サイトで安いプロバイダを探すと良いと思います。
契約のしやすかを取るか月々の料金を取るかですね。

 

光回線」と、「ADSL」については、インターネットをどのようにして使うかによって選び方が別れます。
インターネットでの買い物や文章、短めの動画を見るくらいならADSLでも大丈夫ですが、大容量のデータをやりとりするとなると、ADSLでは少し速さに不満が出てくると思います。
しかしながら、光回線もADSLも利用料金にたいした差はありません。

 

じゃあ、光回線で良いやと思うかもしれませんが、光回線は回線を別に引かなければならないので、お住まいのお家が回線をすでに引いてある状態でないと工事費が掛かり、この工事費が大変高いのです。
キャンペーン中に申し込みができれば大抵工事費は無料になるので、お住まいの場所の環境と申し込み時期によってどちらかを選ぶと良いと思います。
インターネット接続に必要なものですが、だいたいはプロバイダからレンタルできる可能性が高いので特に気にする必要はないかと思いますが、もしあなたがスマートフォンをお持ちで「Wi-fi」接続を考えているならば、ルーターというインターネット回線の分配器のような物が必要となります。

 

これはプロバイダによってはレンタルしていなかったりするので、契約の時に聞いてみるとよろしいかと思います。
個人で購入する事も可能ですが、これまた少し知識が必要なので業者が用意してくれるならばそちらをレンタルするのがよろしいかと思います。

 

あと、最後にインターネットを利用するに当たって必要な物があります。
インターネットには世界中のいろんな人が居ますので、分からない事があれば人に聞きたくなるのも分かります。
しかしながら、検索をすれば大抵の事は出てくるはずです。
なので、一番必要なのは分からない事は自分で調べるという意欲なのかもしれません。