携帯電話で電話をしたり、ネットに接続する為には、携帯電話会社と契約して、月々の費用を支払う必要があります。

 

ところが、現在主流となっている「ADSL回線」や「光回線」でインターネットにPCから接続する場合には、「プロバイダ」と、「回線事業者」に個別に契約をしなければなりません。
従って、インターネットに接続する為の費用は、プロバイダに支払う月額費用と回線事業者に支払う月額費用を合算した物が必要です。

 

メリットとしては、ユーザーが好きなサービスを行っているプロバイダと回線事業者のそれぞれを選択できる点があります。
プロバイダはメールアドレスが沢山もらえるA社にし、回線事業者は安定性があるB社にしよう」等と言った選択が可能になる訳です。

 

ところが「これではユーザーにとって判りにくいよね」と言う事で、プロバイダと回線事業者を合わせた様なサービスが始まりました。
正確には、プロバイダが窓口となって、回線事業者との契約を代行しているだけなのですが、ユーザーからはプロバイダ1社のみ、契約している様に見えます。

 

これは、「ホールセール型」と呼ばれる形態です。
またCATV会社等も、自社のケーブルを回線として使用できる為に、プロバイダと回線事業者を兼務した様な形態になっています。
始めてインターネットを行う時には、この様な形態のプロバイダを選択した方が、手間が少ないと思われます。

 

回線の種類に関しては、悩ましいところです。
近年では賃貸マンションなどでも、「光回線」の施設が当たり前の様にされています。
その様な環境では、無理にADSL回線を選択する必要も無いでしょう。

 

また逆に光回線が施設されていない住環境の場合、工事費を負担してまで光回線を施設するかは、判断のしどころです。
この様な場合には、まず光回線のサービスが行われている地域かどうか、光回線への工事は可能かどうか、そして、工事費用を負担してまで、工事する必要があるのかどうかを、検討してみる必要があります。

 

回線の安定性や速度では、光回線がもっとも優れていますが、近年では無線技術を活用した、「WiMAX」などの新しい接続方法もあるからです。

住んでいる住環境によって最適な回線が変わってきますので、万人に一致する正解はありません。

予算・環境に見合った接続環境を各自で選択しましょう。