解約金なしのWiFi選びで失敗しないために知っておきたい事

 

Wi-Fiを契約する時に、次の引越しのメドが立っていないのであれば、2年で契約する人が多いと思います。

 

私も以前は、2年毎に契約し、引っ越す時には、解約金の1万円を払っていました。(泣)


ですが、調べてみれば解約金無しのネット回線がある事を知り、見つけてからはそちらを契約しています。

私の体験からメリット・デメリットを含めて解約金がないネット回線のお話をしようと思います。

 

・メリット


解約金無しのサイトは、いくつか存在します。

そして、どの会社もいつから始めて、どの期間に終わっても解約金は必ずかかりません。


なので、出張先や県外から出てきた学生にもお勧めできる事がポイントの1つです。

 

・デメリット


他の会社と比べると月々の料金はあまり変わらないのですが、キャッシュバックやスマホの割引等のサービスが無い所が多いです。

工事費がかかる所もあります。

 

・解約金が無いネット回線を選ぶポイント

 

私も、調べて気付いたのですが、解約金が無くてもスマホとのセット割やキャッシュバック、工事費が割引になったり、無料になる会社もありました。

うまく、会社を見つければ解約金が無い回線のデメリットを改善する事が出来るのです。

 

・解約金ではないが解約時に料金を払う事になった訳


私は、解約金がかからない回線を利用し、半年近く利用して解約する事にしたのですが、1万円近くの請求が来ました。

これは、工事費の請求だったのです。


工事費無料キャンペーンをしていたのですが、7ヶ月以上利用しないと工事費は払わないといけないシステムだったのです。


他の会社でも工事費を分割で請求する所もありますので、こういった会社は解約する時に工事費が残っていると請求が来てしまうので、解約時には解約金以外の料金が発生してしまうのです。

 

以上が私の体験談とメリット・デメリットです。


解約金がかからないのは、魅力的ですが注意して会社を選ぶ必要があります。

解約金の無い回線を探している方は、色んな会社と見比べて、自分に合っている回線を見つけて下さい。

 

解約金のない自由なWiFiは、主流3社をご紹介します

 

実際のところ2年縛りというのは、拘束されるし、いろいろな業者が新サービスを提供する中でその期間は他の選択ができなくなってしまうので、嫌なものです。

そんな中、解約金のない、いつでも好きな時に休止できるインターネットは多くはありませんが、確かに存在します。

 

■コンセプトが明確で分かりやすい 縛りなしWiFi!

縛りなしで分かりやすいサービスを提供している会社がこちら。

その名もズバリ 「 縛りなしwifi 」 です。

 

これはその名の通り縛りが一切なしで、月額は3300円とリーズナブルプライスです。

 

しかも初期費用も一切かかりませんし、月額が上がるということもありません。この料金のまま永年使い続けることができ、もちろん途中で解約しても全く問題がなく、費用が請求されることはありません。

業界最安値となりますので、人気が高く、モデム在庫がなくなってしまう状況になることもあります。

要チェックです。

 

データ通信の3日間制限がないスターWIFI

さらに別の業者では 「 STAR WIFI 」 もあります。

これは月額は3680円であることと、初期費用がかかってしまう点があるのですが、このプランの良いところは無制限であり、リミットがないのでヘビーユーザーにはぴったりです。

 

2人でこの同じwifiを使用するのであれば、動画など重たいサイトも使い放題ですので、その点でのストレスがありません。

もちろんこの業者も縛り契約というものはなく、いつでも解約することができます。

 

■ SPACE Wi-Fiは月額費用のみでOK!

もうひとつご紹介できるのが、民泊WiFi の「 SPACE WIFI 」です。

これも縛りがありません。

 

こちらは名前から連想できる通り民泊レンタル用として最初は作られたのですが、一般向けとしてもサービスが提供されています。

 

違約金一切なし、契約期間も一切なし、初期費用も解約金も一切なしのフリーであり、これもまた利用しやすいのが特徴です。

月額はずーっと3680円です。

いちいち光回線を引いたり、家の中にコードがあちこちにあるのが嫌だという方にもピッタリです。

 

これだけ見ると結構良いサービスなのですが、実は送られてくるWiFiルーターは自分で選ぶことができません。商品としてはWiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXTか、SoftBankのポケットWiFiのMobileになりますが、どちらも標準的なスペックは備えているので安心できるものとなっています。

 

これらのルーターはレンタルとなっているので、契約終了時には返却をする必要があり紛失時は自腹で10000円を支払うことがありますので気をつけましょう。

 

このように解約金のない、あるいは縛りのないwifiは確かに複数あり、自由度はかなり大きいので魅力です。

 

縛りなしWiFiの欠点(デメリット)とは

 

スマホの契約期間の縛りが問題視されていますが、インターネットの光回線やWiFiの契約でも契約期間の縛りがあります。

WiFiのネット回線は2年契約となっていることが多く、途中で解約すると高額の解約金を請求されてしまいます。


解約金が発生しないWiFiとして注目されているのが、その名もズバリ「 縛りなしWiFi 」です。


契約期間の縛りなし、通信制限なし、端末本体の代金不要、というわかりやすい利用条件になっています。

解約金がかからないので、ひと月ほど使ってみて、不満があった場合は、すぐに解約できます。


端末本体は無料レンタルになっていて、初期費用も不要なので、気軽に申し込むことができます。

最短で、ルーターを当日発送してくれるので、申込みも翌日から利用することも可能です。


月額料金が3,300円(税別)で、業界最安値となっていることも人気の理由です。

メリットばかりに思える縛りなしWiFiですが、デメリットが全くないわけではありません。


まず、最低1ヶ月以上の契約が必要になり、解約する場合は、解約申し込みをした月の翌月の解約となります。

つまり、最低2ヶ月分の料金が発生します。


また、縛りなしWiFiでは、WiMAX回線とソフトバンク回線のどちらかが利用できますが、自分で選択することができません。

 

縛りなしWiFiの運営会社が、申込者の住所によって判断し、対応する端末を送付してきます。

通信制限はありませんが、WiMAX回線とソフトバンク回線のそれぞれに速度制限があるのもデメリットの一つです。

 

時間帯やその時の使用状況によって、速度が遅いと感じることもあるようです。


とはいえ、一般的な利用においては、それほど大きな問題ではありません。

低料金で気軽に利用できるので、縛りなしWiFiはおすすめのネット回線の一つと言えるでしょう。

 

>> 縛りなしWiFi公式ページ